セミナー・研修一覧

※こちらは「人材育成支援」のセミナー・研修一覧です。
「内部監査員養成講座」の詳細・お申込みは、こちらをクリックしてください。

上級管理者向け
  • 考課者研修
  • 人事評価者訓練

研修内容

目的

・正しい評価のあり方や陥りやすい過ちを理解する。
・演習で実際に評価することにより、評価の仕方における問題の発見と是正に取り組む。

ねらい

人間の能力とは、どのように考える必要があるか、
人事考課の目的と評価者の陥りやすい過ち、
考課結果のフィードバックの重要性と方法の理解など、
人事考課を行う上での配慮すべき事項と手法について学びます。

対象者

上級管理者

所要時間

1日

研修内容

目的

・管理者の方々がその職務を理解し、会社における自分の役割を認識する。
①管理者としての意識を高める。
②管理能力を向上させる。
③管理手法を習得する。
・リーダーシップの発揮とマネジメントの効果について実体験する。

ねらい

なぜ、人事考課をするのか?
正しい処遇の考え方、評価時に陥りやすい過ちなど、
人事評価の基本原則の他、各管理者の人事考課の問題点を浮き彫りにし、
管理者のレベルを合わせます。

対象者

上級管理者

所要時間

1日(3.5時間)

管理者向け
  • 管理者基礎研修
  • コーチング研修
  • QC研修(上級編)
  • チームリーダーシップ研修
  • 思考法実践トレーニング研修
  • 現場力強化研修

研修内容

目的・ねらい

組織の中核を担う人材としてリーダーシップを発揮するには何が必要か?
リーダーとしての心構え、効果的な部下の褒め方・叱り方など、
管理者に必要な素養の強化を図ります。

対象者

管理者

所要時間

1日

研修内容

目的・ねらい

の前の人の考えを整理し、気づかせ、目標達成に導くために、
コーチングの基本スキル「傾聴力」「質問力」「整理力」の3つのスキルを
ワークやロールプレイングを通して学びます。
様々なコミュニケーションの場面で活用でき、セルフコーチングも可能になります。

対象者

管理者

所要時間

1日

研修内容

目的・ねらい

課題達成手順・問題解決手順や、新QC7つ道具の考え方・活用方法について、講義だけでなく演習を通して学び、自律的に、自社の課題達成・問題解決をリードしていける人材を育成します。

対象者

管理者

所要時間

2日

研修内容

目的・ねらい

リーダーとしての基本姿勢、組織を存続発展させるための考え方・原則を学ぶとともに、
自分の成長とメンバー育成の考え方を学び、
研修内でチームと個人のキャリア開発計画を策定する実践的な内容です。

対象者

管理者

所要時間

1日

研修内容

目的・ねらい

問題の発見、設定、解決を図るための3つの思考法
(ロジカルシンキング、ラテラルシンキング、クリティカルシンキング)について、
実務で活用するために、講義だけでなく、
多くの演習を繰り返し体験しながら学びます。

対象者

管理者

所要時間

1日

研修内容

目的・ねらい

前線管理者としての役割・行動姿勢を理解し、
付加価値を高める(現場力強化の)ために必要とされる
リーダーシップの発揮と部下育成の考え方について、
ロジックツリー・ゼロベース思考などの問題解決思考の演習や
EQをベースとしたコミュニケーションスキル演習を交えながら習得します。

対象者

管理者

所要時間

1日

中堅社員向け
  • OJT実践研修
  • 品質管理基礎研修
  • 部下力強化研修 (上級編)
  • 実践型コミュニケーション研修

研修内容

目的・ねらい

OJT推進者(メンター)としての基本姿勢と指導のポイントを理解し、
部下・後輩に対する指導・育成能力を高めます。
また、OJTに必要なスキル・ステップを理解し、
部下・後輩のスキルを向上させるためのOJT計画を作成する実践的な内容です。

対象者

中堅社員

所要時間

1日

研修内容

目的

・「品質管理」の考え方、「品質保証」について学ぶ。
・問題解決手法としてのQCの講義、演習を通して問題解決の手順と
QC手法による分析手法の習得を目指す。

ねらい

実際に現場でQCを活用していくために、
QCストーリーの手順やQC手法を再確認し、
演習を通してQC(新QC7つ道具含む)を学びます。

対象者

中堅社員

所要時間

1日(6時間)

研修内容

目的・ねらい

先輩社員・上司から信頼され、自らも成長しチームに貢献できるフォロワーになるために、
フォロワーの役割・上手な仕事の受け方・叱られ方などの行動姿勢や、
仕事の処理能力を高めるスキルについて、演習を通して習得します。

対象者

中堅社員

所要時間

1日

研修内容

目的

・業績目標を達成するために、部下を効果的に指導・育成し、組織力の向上を図る。

ねらい

新入社員・後輩を育成する立場として社内でも貴重な存在となります。
個々の社員が自分自身の課題を見つけ、変わるためのサポートをいたします。

対象者

中堅社員

所要時間

1日

新入社員向け
  • 品質管理基礎研修(QC基礎)
  • 部下力強化研修 (基礎編)
  • 実践型コミュニケーション研修
  • ビジネスマナー研修

研修内容

目的・ねらい

品質とは・品質保証とは?などの基礎や、品質マネジメントの必要性を理解し、
QCストーリー・基本的なQC手法習得も交えて、
組織の一員として「製品品質」との関わりを認識していただきます。

対象者

新入社員

所要時間

2日

研修内容

ねらい

プロフェッショナル社員に成長するために求められている
考え方・行動姿勢について、演習を交えながら理解するとともに、
必要な自己のスキルアップと後輩指導に主体的に取り組む為の
考え方について学びます。

対象者

新入社員

所要時間

1日

研修内容

目的

・周囲との良好な人間関係を構築し、即戦力となる。

ねらい

相手の好感を得る態度・報連相・指示の受け方等、
ビジネスパーソンとして相手と良好かつ効果的なコミュニケーションを図るための
基本スキル(信頼関係づくり・聴き方・話し方)を学びます。

対象者

新入社員

所要時間

1日

研修内容

目的

・ビジネスマナーなど、社会人としての常識を学ぶ。
・「報・連・相の重要性」や、マネジメントサイクル(PDCA)など、
仕事の進め方の基本を学ぶ。

ねらい

社会人としての基本動作であり、相手との信頼関係構築の第一歩となるビジネスマナー。
社会人として身につけるべきビジネスマナーや相手の心への近づき方、
また、仕事における報連相などの基本動作について学びます。

対象者

新入社員

所要時間

1日

共通
  • 時間管理研修
  • 原価管理基礎研修
  • ロジカルシンキング研修
  • プレゼンテーション力向上研修
  • 5S基本研修
  • 製造現場の業務改善セミナー
  • 知的生産性向上研修
  • リスクアセスメント研修
  • メンタルヘルス研修

研修内容

目的・ねらい

仕事の生産性と質を高める上で有効とされる
業務のブレイクダウンの方法と時間の上手な使い方について、
演習を交えながら学びます。

対象者

共通

所要時間

研修内容

目的・ねらい

原価の三要素について、不良品やロスがいかに原価に影響するかを
講義・演習を通し認識し、原価管理の基本的な考え方・コスト意識の向上を図ります。

対象者

共通

所要時間

1日

研修内容

目的

・正しい評価のあり方や陥りやすい過ちを理解する。
・演習で実際に評価することにより、評価の仕方における問題の発見と是正に取り組む。

ねらい

問題解決のための判断・コミュニケーションの為に欠かすことができない、
ロジカルシンキングについて基礎を理解し、
正しく使用するために必要な課題の捉え方・論理の構築・整理法について、
演習を通して学びます。

対象者

共通

研修内容

目的・ねらい

プレゼンテーションに必要とされる基本スキル(説得力・構成力・表現力)を
学ぶとともに、模擬プレゼンテーション実習を通して、
効果的なプレゼンテーションを体得します。

対象者

共通

所要時間

1日

研修詳細

目的

・「5S活動」の目的を理解し、5Sの重要性を認識するとともに、実践するための基礎知識を習得する。
・「5S活動」の定着をめざす。

ねらい

仕事の基本である5Sについて、現場事例を交えながら目的や実践方法、
メリット、改善の視点、改善方法について学びます。

対象者

共通

所要時間

1日

研修内容

目的・ねらい

業務を改善するための視点や進め方、
IEなどの具体的な改善手法について、事例や演習を通して学びます。

対象者

共通

所要時間

1日

研修内容

目的・ねらい

仕事の受け方、業務遂行設計(業務のブレイクダウン)、
5つのP(プライオリティ)の定理など、
ホワイトカラーの生産性向上のための手法「DIPS」を学び、
知的作業の生産性向上を図ります。

対象者

共通

所要時間

1日

研修内容

目的・ねらい

職場での労働安全衛生上のリスクアセスメントの考え方・ポイントを
理解するとともに、演習を交えながら職場に内在する危険源とリスクを
正しく認識し、労働安全衛生の意識向上を図ります。

対象者

共通

所要時間

1日

研修内容

目的・ねらい

仕事上のストレス反応やメンタルヘルスについて正しく認識し、
メンタルヘルス対策の視点やセルフケアやラインケアなどの
メンタルヘルスケアの取り組み方を学ぶことで、メンタルヘルス不全への予防・対策を行います。

対象者

共通

所要時間

1日

PAGE TOP