応募書類のお悩み解消の近道

履歴書・職務経歴書で自己PRする秘訣

応募書類…って自分のことだからすぐに書けると思っていました。でも…。

  • 書類選考を通らなければ、次に進まない 。
  • 応募書類(履歴書/職務経歴書)は、自分のことだからすぐに書けると思っていたけど …。

書き始めると「自分のこと」がなかなか書けない…、そんな悩みをよくお聞きします。

黄矢印

『伝えたいこと(自分のこと)』『伝え方』で悩む
特に伝えるべき自分のこととして「自己PR(強み)」や「志望動機」で悩む

黄矢印

ジョブ・カードページへのリンク

応募書類で自己PRするポイントは、資格や専門性だけではない!

応募書類作成上のポイント

①相手が知りたい情報をわかりやすく記載すること

相手(応募先の企業等)は
「何ができる人で、どのように頑張ってくれる人なのか」を知りたいのです。
⇒ 言い換えれば、これを伝えることが自己PRにつながります。

②伝えるべきは「経験からわかるできること」

履歴書に社名だけ記載しているケースがありますが
ポイントは「そこで何を経験し、何ができるようになったか」ということ。
相手が知りたい情報の裏付けとして「経験」を伝えることが重要になります。
⇒ 社名だけでは、そこで何を経験したかは伝わらない!
⇒ 資格だけでなく「仕事の中で頑張ったこと・工夫したこと」も強みとなる経験 として是非伝えよう!

履歴書・職務経歴書・自己PR

自分の経験やそこからわかる強み…、と言われても…。

自分のことって、わかっているようで、わからないことだらけ。
例えば…
『仕事の中でどのようなことを学びましたか?』
『業務上、心がけていたことはありますか?』
『次の仕事へ活かせる経験は?』
『どの様な時にやりがい・達成感を感じましたか?』

このような質問をされても、「何だろう…」と悩みませんか?

自分自身について整理することで、強みに気付くことができ“応募書類に記載すべき内容を明確にしていくことができます”

仕事の方向性を考えるうえでも、自己理解がポイント

仕事を選ぶうえでの方向性、それも、大切な自己理解

例えば ・・・
『何を大切にして仕事を選びますか?(仕事内容?職場環境?条件?)』
『したい仕事は何ですか?その理由は?』
『したい仕事に就くために不足しているスキルは?どの様に身に付けますか?』

この様な問いに答えられるようになることが自己理解です。

「自己理解」を深め応募書類に記載すべき内容を整理しませんか?

応募書類を作成するなら…自己理解を深め、応募書類の基礎にもなるジョブ・カードが便利!

一言で「自己理解を深める」といっても、何から手を付けたら良いか戸惑ってしまうと思います。

そんな時に便利な無料のツールが「ジョブ・カード」です。
厚生労働省が作成を推奨しているキャリア・プランのためのツールで、設問に回答することで自己理解を深めることができるようになっています。

ジョブ・カードを使って自分自身のことをよく理解し、今の自分に何ができるのかがわかるようになると、就職活動で自分の強み等をしっかりとPRできるようになります。

ジョブ・カード作成経験者の声

  • 今後の目的、意義、将来性を見出すことができた。
  • 自分が仕事(働くこと)に対して何を求め、何を重視しているのか再認識することができました。
  • ジョブ・カードの目的を説明してもらい「相手に自分を知ってもらうこと」と「自分の過程を振り返り、今後どうありたいのか」ということが具体的に明確化された。
  • これまでの自分の考えや経験を振り返り、自分のキャリア・プランがより明確になり良かった。
  • 自分について考える良い機会となり、とても助かりました。先を見ることの大切さを実感しました。

ジョブ・カードを使って、自分自身を整理し、それまで気づかなかった 自分の強みを発見しよう

ジョブ・カードで自分の強みを発見しよう!

ジョブ・カードの詳細はコチラ

更新日:

Copyright© 履歴書・職務経歴書で自己PRする秘訣 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.