社員の声や現在の組織状況から
リスクアセスメント業績向上のヒントを探してみませんか?

「メンタルヘルス」「ハラスメント」「属人化」
などに関するリスクの芽を発見し、事前対策を考えるとともに、
「人材育成」「人材の確保」「生産性の向上」など
組織の存続・発展のための取組みヒントを見つけるための組織診断です。
現状を知ることで、リスクアセスメントと、業績向上に向けた取組みを進めることができます!

ワーク・ライフ・バランス アセスメントのポイント


全社員の声を拾う!

本組織診断は、非正規雇用者を含む全社員が対象! 様々な声をもれなく拾うことで、なかなか見えない現状が見えてきます。
部署ごと、年代・性別ごとの傾向も把握することが可能です。

現状を確実に捉える!

全社員を対象としたアンケートのあと、現場確認を行い、現状を正確に確認します。社員の生の声から、経営者との意識ギャップを確認し、リスクアセスメントに繋げます。オーダーメイドで実情に沿った内容の診断を行います。

課題の把握と改善提案!

診断結果は、6カテゴリー76項目の内容で、20ページ以上の診断レポートにてご説明します。
課題の把握はもちろん、今後起こりうるリスクや業績向上のための改善提案まで詳細に行います。

ワーク・ライフ・バランス アセスメントについて

「経営層の意識」「従業員意識、風土」「環境」「生産性向上」「属人化排除」「推進体制」
6カテゴリーを全社員を対象としたアンケートや、現場調査等で徹底的に確認します!

本組織診断は、一般的な制度面をチェックする内容ではなく、
業務活動面に重点を置いた内容なので、
組織の真の課題や、やるべきことを発見できます。
診断結果は20ページ以上の「診断結果報告書」でご報告。
解決方法のご提案もするので、次の行動へも結びつく内容です。


ワークライフバランス「診断結果報告書」イメージ


ワーク・ライフ・バランス アセスメント 結果活用事例


  • 様々なリスクを小さい芽のうちにつぶしておくことで、社員の離職や、社員間のトラブルをなくします。
  • 安心して長く働ける会社をつくることで、社員のモチベーション向上や、優秀な社員の採用に繋がります。

  • 社員が能力を十分に発揮できる環境づくりを!
  • 社員一人一人がどのようなことを会社に求めているのか知ることで、モチベーション向上のきっかけづくりを行うことができます。
  • 特に若手社員と経営層との意識のギャップは大きいことが多々あり、
  • 新たな発見により社員が主体的に行動する環境が見えてくるかもしれません。

  • 本診断では、質問項目を見るだけでも、改善や新たな取組みのヒントがたくさん!
  • 制度面だけでなく、業務面にもフォーカスした内容のため、業績向上につながる工夫策が見つかります。
  • 「コツ」がわかれば、社員が能動的に行動します。

ワーク・ライフ・バランス アセスメントの流れ(例)


  1. お打合せ
  2. ご要望やご期待する内容をお聞きし、実施方法の詳細やスケジュールを決定します。

  3. アンケート実施
  4. アンケート内容・対象者を決定し、書面または入力フォームにてアンケートを実施します。

  5. 現場診断
  6. 分析結果の精度を高めるため、アンケートの結果をもとに半日程度の現場診断を行います。
    Zoom等を利用したリモート診断も可能です。

  7. ご報告
  8. 診断結果について報告書にてご報告します。今後のご提案もいたします。
    最初のお打合せから約1ヶ月!